information お知らせ

10月15日(木)~16日(金)「FIT2015(金融国際情報技術展)」に出展します!

主要金融ITベンダーが一堂に会する日本最大の金融ITフェアFIT2015が東京国際フォーラムにて開催されます。

今回はエリア拡大(全国化)を行いました【収益評価(一棟)サービス】をはじめ、今年の4月にリリースした【土地情報レポート】評価業務支援において多数の実績を誇るTAS-MAPを実際に体験していただける絶好の機会となっております。

また2日目には展示会場内のセミナーE会場にて弊社のR&D室 室長より
【賃貸住宅市場の光と影 ~なぜアパートローンは収益性で評価しなくてはならないか】をテーマに講演を行います。

総務省統計局が5年ごとに実施している住宅土地統計調査によると、平成25年10月1日時点で、日本には約820万戸の空家が存在します。
このうち半分以上の約430万戸が賃貸用の住宅で、さらにその90%近い約370万戸を共同住宅、つまり賃貸アパートや賃貸マンションが占めています。
このように賃貸用住宅の空家が増加している一方で、国土交通省の住宅着工統計によると、2014年度には約36万戸の貸家が着工しています。
これらの中には、NHKのクローズアップ現代で取り上げられたように、収益物件として成立しないものも少なからず含まれています。
本セミナーでは、最新のデータを用いて賃貸住宅市場の状況を解説するとともに、アパートローンの担保評価を行う上で注意すべきポイントについてお話します。

開催日時:10月16日(金)12時00分~13時00分
セミナー受講をお申込の方またご来場をご希望の方は招待状を差し上げておりますので、 弊社FIT担当までご連絡ください。

開催日程 :10月15日(木)~16日(金)
時間 :10:00~18:00
場所 :東京国際フォーラム展示ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1)
主催 :日本金融通信社(ニッキン)
FIT2015オフィシャルサイト : http://www.nikkin.co.jp/fit2015/
招待状お申込みは 株式会社タス FIT担当 TEL 03-6222-1023