Area Marketing Analysis エリアマーケティング分析

商圏分析に不動産分析をハイブリッド
GISにて業務判断を視える化

 携帯電話や交通系ICカード、プローブ交通情報など、様々な行動データが溢れる時代となり、商圏分析も単なる出店戦略のみならず、様々な業種業態での利用が日常となってきました。
 一般的な国勢調査や商業統計なども勿論ですが、他社様にはない弊社独自開発の不動産マーケット分析とのハイブリッドを特徴としたエリアマーケティングが可能となります。GIS(地理情報システム)により多面的に視覚化して、お客様の目的とするデータ分析結果をご提供いたします。

エリアマーケティング分析の特長

特徴 01

エリア戦略
業務効率化

業務にて管理されてるデータに位置情報を付加するだけで漠然としていたエリア戦略が一目瞭然となり、関連する業務全般の効率化にも繋がります。

特徴 02

ハイブリッド分析

店舗・顧客データと人口・気候・産業などオープンデータによる商圏分析は一般的ですが、他社様に無い弊社の不動産マーケット分析を組み合わせた分析が可能です。

特徴 03

GISによる視覚化

商圏分析にGIS(地理情報システム)は欠かせません。定期的かつ継続的なデータ分析を第一とし、GIS環境についてはお客様のご意向に沿って柔軟に対応いたします。

特徴 04

データ相関を
スコア・ランキング化

分析対象となる項目について、その他項目との相関性などをスコア・ランキング化し、閾値フィルターによる分布変化を求める事が可能です。

ANALYSTAS