Real Estate Market Analysis 不動産マーケット分析

不動産マーケット分析はマストアイテム!
ニーズに合わせたマーケット情報を提供

 アパートローンなど融資業務においては、当該物件だけではなく不動産マーケットを考慮するよう当局から指摘も受けております。独自開発した「タス空室インデックス」をはじめ賃料推移や利回りなど居住賃貸分析や、店舗・事務所に関する分析、またオープンデータ(人口と世帯数、住宅着工数など)とのハイブリッド分析など、不動産マーケット分析にてお客様の業務改善に貢献いたします。

不動産マーケット分析の特長

特徴 01

独自開発した
空室インデックス

空室募集データのみを使用し、実数ベースでマクロ(エリア単位)な指標となるTVI、統計回帰を駆使し棟毎の空室率(理論値)を求めるTVRを、目的に応じて使い分けられます。

特徴 02

オープンデータ活用

不動産マーケットだけに着目しがちですが、不動産と何か相関のありそうなデータも含めて分析することは有効です。気候や産業といった地域を反映したオープンデータを利用した分析により課題解決の糸口が見つかるかも知れません。

特徴 03

オフィス市場分析

オフィスビル物件においても空室率のニーズがございます。都心回帰によりオフィスビル需要でも連鎖が起きています。居住賃貸で培ったノウハウも駆使したオフィス市場分析をご提供いたします。

特徴 04

統計回帰による
将来予測

将来人口予測と同様に不動産マーケットについても将来予測が可能かといったお問い合わせを良くいただきます。家賃や住宅着工、人口といった強い相関を持つ各要素において統計回帰による推定します。

ANALYSTAS

分析事例とカテゴリー

空室分析

  • ・TVR(統計解析による理論値)
  • ・TVI(賃貸募集データによる実数値)
  • ・年別、年月別、四半期別
  • ・区町村別、指定エリア別等
  • ・構造、築年数、面積、間取り、沿線別等

賃料分析

  • ・年別、年月別、四半期別
  • ・市区町村別、指定エリア別等
  • ・構造、築年数、面積、間取り、沿線別等
  • ・賃料下落率
  • ・坪単価、平米単価

オープンデータ分析

  • ・人口と世帯数(年別、市区町村別など)
  • ・住宅着工数(年別、市区町村別、建物種別など)