TAS Vacancy Analysis タス空室分析

日本初の居住用空室指標(※特許出願中)
日銀金融システムレポートにも採用!

 アパート等の収益物件は原則として収益評価を行うことが金融検査マニュアルで定められています。しかし、収益評価を行うためには、収入や経費、還元利回り等、多くの情報を収集し、適切な数値を設定する必要があります。中でも、賃貸住宅の収益評価を行う上で最も重要なファクターでありながら入手困難なのが空室率です。

TAS空室分析の特長

特徴 01

空室募集データのみ
を使用した算出

住宅土地統計調査と同様に戸数ベースとし、「満室稼働データ」と「経営難等物件データ」を省いた「空室募集データ」のみを対象範囲とした算出。

特徴 02

構造タイプ別による分類

「タス空室インデックス」では、木造・軽量鉄骨をアパート系、S・RC・SRCをマンション系と分類。

特徴 03

マクロな指標

TVI(タス空室インデックス)。日本全国を244というエリアに分けて(東京都を例にすると区単位)、エリア全体の募集総戸数から算出。

特徴 04

精緻なアプローチ

TVR(タス空室率)。棟毎の募集確率を被説明変数にした回帰モデルにより推計された募集確率関数にて、目的とする棟の情報を引数とした募集確率(理論値)を求めます。

ANALYSTAS