インデックスサービス

ビッグデータがより身近な時代となった今、様々なフィールドに於いて、溢れるデータからの有益な情報の取得・提供が益々求められています。組織・個人に関わらず、誰しもが即座に享受・理解できる簡便かつ汎用な情報、また各々の専門に特化し深い要求に応えられる緻密な情報など、独自の分析も交えた分析指標を提供いたします。

不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」では、賃貸住宅データを分析して独自開発した空室率の指標「TVI(タス空室インデックス)」をはじめとした種々の統計指標と賃貸住宅に関連した公的指標を使用した市場レポートにより、広域市場(都道府県レベル)、地域市場(東京23区および政令指定都市レベル)の見える化を実現し、賃貸住宅への投資、融資、運営、評価を行う際にご活用いただいております。

TAS-MAP 賃貸住宅賃料査定(マーケットレポート)

賃貸住宅分析用の情報収集は手間や費用がかかる!

例えば所在地、建物の構造や部屋タイプ等によって市場賃料(賃料相場)は異なってきます。同じ駅でも出口によって相場が異なることもあります。また周辺の共益費や敷金・礼金の相場はどうなっているか、駐車場や店舗事務所はいくらで貸しているのか等の情報も重要です。しかし、これらの情報を収集するには大きな労力がかかりますし、マーケットレポートは高価となります。

効率的に周辺市場情報を収集、マーケットレポート取得!

  • アットホーム株式会社の膨大な賃貸住宅賃料データを使用
  • 筑波大学 不動産・空間計量研究室の分析により算出する部屋タイプ別市場賃料
  • 指定場所周辺(東京23区の場合は半径400m、徒歩5分圏内)のマーケットレポートを自動生成
  • 入力した条件に応じて、アパート系・マンション系のレポートを生成
  • 周辺駐車場、事務所、店舗の市場情報も収録
  • 賃貸住宅の空室率の指標である「TVI(タス空室インデックス)」の築年推移やテナントの更新確率で収益還元法も簡単・精緻に