一般事業会社向け

不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」は、業界の枠にとらわれず、様々なニーズにおいて活用いただいております。

保有不動産の時価会計

日本の企業会計基準について、分配可能利益を算定するのに適している取得原価主義だった当時は会計上不動産の時価に関して問題となることはありませんでした。しかし、企業の正確な財政状態が財務諸表などより判断しづらく、膨大な含み益・損の存在を隠匿される可能性がある問題点を指摘されました。さらには企業や投資資金のグローバル化によって会計基準の国際的コンバージェンス(収斂)の流れが決定的となり、日本の企業会計においても時価主義が採用され、賃貸等不動産の時価を注記することになりました。ただ、年一度の作業で査定方法を思い出しながらの作業は手間である、外部委託しているがコストが高い、と悩んでいる総務部・管財部の方が多くいらっしゃいます。不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」なら専門知識なく誰でも3分で操作でき、コスト削減が図れます。

店舗出店の判断指標

店舗経営において、ロケーションはもっとも重要な条件の一つです。このロケーションを失敗すると、いくら魅力的な商品で安い料金設定であったとしても、なかなか人は入ってきません。それほどまでにロケーションは大切なのです。しかし、好立地な物件は高額で、不動産購入時や毎月の支払賃料の負担が多いとその後の経営に大きく影響を及ぼします。そこで、出店時には複数の候補用地の選定基準として、さらには賃料更新時においては他店舗とのバランス交渉ツールとして、不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」を活用している大手小売流通会社もございます。

新規取引先の与信審査

与信審査とは、取引先企業を審査して取引の可否や金額を判断することです。取引をすると判断したとして、金額や商品がいくらでもよいわけではありません。金額○○○円までは取引可、商品○○セットまでは取引可というように上限を決める必要があります。そのためには、まず「相手を知る」ところから始まり、企業の保有不動産を調査し、更に担保余力状況を確認することも一つの重要な判断項目になります。その時、不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」なら簡便に不動産価値を査定でき、与信審査ツールの一つとして活用している会社もございます。

相続コンサルティング

2015年に相続税制が改正され、これまで相続税とは無縁だった人が課税対象者になるということが、マスコミなどでも随分話題になりました。ここで、あらためておさらいすると大きな変更点は、相続税の基礎控除が4割削減されたことです。増税前の基礎控除は「5,000万円+法定相続人の数×1,000万円」でした。これが「3,000万円+法定相続人の数×600万円」に引き下げられました。仮に妻と子ども2人が相続すると増税前では基礎控除が8,000万円もありましたが、増税後は4,800万円になります。こうなると東京23区はもちろん、郊外の駅近くに自宅がある場合でも、土地評価だけで基礎控除をオーバーしてしまうことも少なくないでしょう。今まで相続税とは無縁だった一般のサラリーマン家庭でも、課税対象になると言われている理由がここにあります。そこで「相続対策」を検討される人が増え、それをコンサルティングされる税理士法人の資産運用アドバイスのツールとして、不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」をご活用いただけます。