COLUMN

コラム

知識とコロナウイルスの伝搬 ー集積が大きく影響します

経済学から見た不動産市場

2021-05-07

特許をはじめとした知識の集積に関して空間経済の研究者達が多く研究を既に行おり、藤田昌久京都大学名誉教授は,イタリアのルネッサンス時代にも言及しグローバル化と知のルネッサンスの同時進行が起こってきたことを明らかにしています。

比較優位って知ってますか? −クボ君やオオタニさんが経済学に進んでも一流だったかも

経済学から見た不動産市場

2021-04-13

ワクチン開発で,日本の製薬会社がなぜ開発できないかとテレビでやっていました。企業規模が小さいとか,被験者が少ないことや基準が厳しいなど様々なことが指摘されていましたが,経済学で考える際には比較優位という考え方が重要です。

都市制度−指定されれば都市規模が大きくなるとは限らない

経済学から見た不動産市場

2021-02-22

都市規模を検討する際には,行政区域では行わず都市雇用圏で検討します。私たちはまず,どこで働くかを考えるからです。そこで,中心都市の人口集中地区(DID)が5万人以上の大都市雇用圏で分析します。

テレワークは一時的?–遠隔授業はつらい

経済学から見た不動産市場

2020-12-11

今回はやや不動産業にも関係するテレワークの問題です。テレワークについても新規に数々の調査結果が出されていますが,本当に,テレワークが普及し,都心のオフィス需要は低下するのでしょうか。

中古マンション市場はバブルに向かうのか?

レインズデータから読み解く

2020-12-09

10月の首都圏の中古マンションの成約件数が、1990年5月の東日本不動産流通機構発足以降、過去最高を記録しました。新型コロナウイルス対策として各国が財政出動や金融緩和を行っているため、感染拡大当初から大量のマネーが不動産市場に

あなたのマンションは貸すべき?売るべき?

研究

2020-11-12

人々の住み替えフローや居住形式の変化から「この不動産を売ったらいいのか貸したらいいのか」という問題があります。資本コスト(表面利回り)を持ち家・貸家ごとに計算し、築年数と住宅規模によってどのように変化するのかをシミュレーションしました。

Go Toキャンペーンは大丈夫?–早い者勝ちの制度ですか??

経済学から見た不動産市場

2020-11-04

Go To Travel,Go To EATに続いて,GO To 商店街など様々な支援策が採られているようです。私は大学の講義が遠隔で行われて,これが予想以上に大変でどれも使えない状態です。

地方分権って?-予算もつけずに要求だけ増やす?

経済学から見た不動産市場

2020-10-05

前回,お話しした国債の件にはノーベル経済学賞候補補とも言われているプリンストン大学清滝教授がマクロ経済学の観点から日経新聞に時記事を掲載されているので(2020年9月17日,日本経済新聞経済教室)参考にしてください。

経済政策は誰のため−将来世代に負担と不安

経済学から見た不動産市場

2020-09-17

日本政府が他国と比較するとコロナ対策が採られていないという報道もありますが,本当なのでしょうか。感染症は大きな外部不経済ですから公的介入の理由になりますが,その場合は外部性の大きさと価格弾力性に応じた対応が必要です。

統計学を知って欲しい-微積より大事かも

経済学から見た不動産市場

2020-09-03

私は医学や感染症に関しては素人で,統計学の専門家ではありませんが,統計学をちょっとかじった者としてこの数値の出し方,論評の仕方には違和感を覚えます。毎日のようにPCR検査による陽性者を

CONTACT

不動産に関わる業務のお悩みやご質問など
お気軽にご相談ください