HANDOUT

HANDOUT

お役立ち資料

コロナ禍の影響で居住地の多様性が実現するのか?

政府が 4 月に緊急事態宣言を発令したことから在宅勤務を導入する会社が増加しました。最近メディアで「テレワークが浸透すると郊外や地方居住者が増加するのではないか」というこ とがたびたび取り上げられています。そこで今回は、今後の人の動きについて考察します。

沈みゆく首都圏の賃貸住宅市場

以前は、首都圏で賃貸住宅に入居する際には、敷金・礼金を支払うのが一般的でした。このようなシステムは賃貸住宅の供給が増加する需要に多いつかなかった時代、家主がテナントを選択できる「貸し手市場」であったことから成立していました。

新型コロナウイルスによる市場変化の可能性

新型コロナウイルスのパンデミックが世界中に大きな混乱をもたらしています。感染拡大対策のため欧米の多くの国で都市封鎖が行われており、サプライチェーンが停滞する等の影響が発生し、世界レベルで悪循環を引き起こし始めています。

意外と知らない空室率のはなし

日本では、空室率は5%という根拠のない値が様々な状況で用いられてきました。しかし、発表元によって空室率の算出方法やデータが異なるため、空室率同士を単純に比較することができないということは意外と知られていません。

経営難等物件データの割合推定

賃貸住宅のデータは、サブリース業者や管理会社の顧客データと不動産会社の顧客データ、そして経営難等によりサブリース業者や管理会社、不動産会社の顧客ではなくなったオーナーの物件データに分類することが出来ます。

CONTACT

不動産に関わる業務のお悩みやご質問など
お気軽にご相談ください