HANDOUT

お役立ち資料

7割が繁忙期にマイナスの影響と回答〜不動産市場アンケート結果報告

新型コロナウイルス感染拡⼤や東京オリンピック等が2021年度の不動産市場に及ぼす影響についてアンケート調査を実施しました。

54,000戸超の供給過剰だった?〜2020年の東京都賃貸住宅市場

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、東京都への人口流入が減少しています。東京23区は、2019年の人口増加が83,991人だったのに対し、2020年は2,154人と激減しまし た。1月〜3月までは例年通り約28,000人の増加でしたので、4月以降に約26,000人減少したことに なります。

テレワーク浸透の影響〜コロナ禍の影響で居住地の多様性が実現するのか?

政府や地方自治体からはテレワーク浸透を機に地方移住が増加するのではないかとの期待の声が聞かれますが、現在の人口移動の状況がコロナ禍の特殊状況でとどまるか、恒常的なものになるかを判断するには、テレワークをはじめとした働き方改革の動向を確認する必要があります。

コロナ禍の影響で居住地の多様性が実現するのか?

政府が 4 月に緊急事態宣言を発令したことから在宅勤務を導入する会社が増加しました。最近メディアで「テレワークが浸透すると郊外や地方居住者が増加するのではないか」というこ とがたびたび取り上げられています。そこで今回は、今後の人の動きについて考察します。

沈みゆく首都圏の賃貸住宅市場

以前は、首都圏で賃貸住宅に入居する際には、敷金・礼金を支払うのが一般的でした。このようなシステムは賃貸住宅の供給が増加する需要に多いつかなかった時代、家主がテナントを選択できる「貸し手市場」であったことから成立していました。

CONTACT

不動産に関わる業務のお悩みやご質問など
お気軽にご相談ください