下がり続ける消費者物価指数の民営家賃

総務省が発表している消費者物価指数(CPI)の民営家賃は、10年以上にわたり下落傾向で推移しています。
民営家賃自体がCPIに占める割合は、2015年基準で2.61%に過ぎません。ただし民営家賃は、持家の所有者が賃貸住宅業を営んでいるとみなして算出される帰属家賃にも適用されます。
  • 消費者物価指数(CPI)の民営家賃
  • データの収集方法によって推移に違いが生じる?

資料ダウンロードをご希望の方

下記フォームに入力の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード専用URLをお送りいたします。
・メールアドレスは、メールアドレス形式で入力してください・電話番号は、半角数字とハイフンで入力してください

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。