晩婚化・未婚化と少子高齢化が住宅市場に大きく影響?

2016年に初めて出生数が100万人を割り込みメディアでも大きく取り上げられました。
厚生労働省が2018年6月に発表した「2017年 人口動態統計月報年計(概数)の概況」によると、2017年の出生数は、前年比▲30,918人の 946,060人で過去最少となりました。
  • 出生数の減少
  • 婚姻件数の現象
  • 合計特殊出生率低下の要因

資料ダウンロードをご希望の方

下記フォームに入力の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード専用URLをお送りいたします。
・メールアドレスは、メールアドレス形式で入力してください・電話番号は、半角数字とハイフンで入力してください

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。