意外と知らない空室率のはなし

日本では、空室率は5%という根拠のない値(いわゆるマジックナンバー)が様々な状況で用いられてきました。8%や10%という値も使われているようです。
しかし、発表元によって空室率の算出方法やデータが異なるため、空室率同士を単純に比較することができないということは意外と知られていません。
  • 単純に比較できない空室率
  • 入手可能なデータのみを使用すると空室率が低くなる
  •  【満室稼働物件データ】と【経営難等物件データ】はどちらが多い?

資料ダウンロードをご希望の方

下記フォームに入力の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード専用URLをお送りいたします。
・メールアドレスは、メールアドレス形式で入力してください・電話番号は、半角数字とハイフンで入力してください

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。