沈みゆく首都圏の賃貸住宅市場

以前は、首都圏で賃貸住宅に入居する際には、敷金・礼金を支払うのが一般的でした。筆者が社会人になったころは、敷金 2 か月、礼金 2 か月が相場だったと記憶しています。
このようなシステムは賃貸住宅の供給が増加する需要に追いつかなかった時代、家主がテナントを選択できる「貸し手市場」であったことから成立していました。
  • 「貸し手市場」から「借り手市場」に
  • 市場の強弱を測るバロメーター
  • 敷金+礼金メッシュマップ

資料ダウンロードをご希望の方

下記フォームに入力の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード専用URLをお送りいたします。
・メールアドレスは、メールアドレス形式で入力してください・電話番号は、半角数字とハイフンで入力してください

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。