コロナ禍の影響で居住地の多様性が実現するのか?
テレワーク浸透の影響

前回は企業の事業継続計画(BCP)の観点から、今後の居住地の多様性について考察を行いました。
政府や地方自治体からはテレワーク浸透を機に地方移住が増加するのではないかとの期待の声が聞かれますが、現在の人口移動の状況がコロナ禍の特殊状況でとどまるか、恒常的なものになるかを判断するには、テレワークをはじめとした働き方改革の動向を確認する必要があります。
  • 企業のリスク分散状況
  • テレワークの実施状況
  • テレワークと居住地の多様化

資料ダウンロードをご希望の方

下記フォームに入力の上、送信ボタンを押してください。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、ダウンロード専用URLをお送りいたします。
・メールアドレスは、メールアドレス形式で入力してください・電話番号は、半角数字とハイフンで入力してください

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

アップロードしています。少々お待ちください。