ANALYSTAS

統計解析を駆使した不動産分析ソリューション

居住賃貸分析や融資エリアマーケティングなど様々なデータとハイブリッドした不動産マーケット分析「アナリスタ」

最近の不動産に纏わる業務においては、様々な社会問題が散見されます。金融機関では、当該物件だけではなく不動産マーケットを考慮するよう当局から指摘も受けております。そのような状況のなか、不動産データをもとにしたマーケット分析のご依頼をいただく機会が増えてまいりました。
弊社では、居住賃貸物件の空室指標「タス空室インデックス」を独自開発して、「賃貸住宅市場レポート」や不動産評価アプリケーション「TAS-MAP」に活用しております。これまでのデータ分析をさらに発展させた不動産分析ソリューション「ANALYSTAS(ANALYSIS + TAS : アナリスタ)」では、不動産データは勿論のこと様々なデータとハイブリッドした不動産マーケット分析をご提供いたします。

「不動産評価(TAS-MAP)」と「不動産分析(ANALYSTAS)」の両輪によって、お客様のニーズにお応えいたします。
FEATURE

ANALYSTASの特徴

01

不動産ビッグデータを用いたマーケット分析

独自開発した空室率をはじめとした居住賃貸分析など、ニーズに合わせたマーケット情報をご提供します!
02

お客様所有データやオープンデータとのハイブリッド分析

国勢調査などはもちろん、お客様所有のデータとの分析など、分析対象データの組み合わせは無限大です!
03

GIS(地理情報システム)を用いた分析結果の可視化

エリアマーケティングに欠かせないGISを用いて、多面的に視覚化した分析結果をご提供いたします!
SCENE

活用事例のご紹介

与信管理の充実

人口減少問題アパート空室問題など金融機関が融資する際に抱える悩みをタスのデータを使って多角的に分析

空室率リスクや賃料単価下落リスクを提示し、融資リスクを視える化することが可能になります!

エリア戦略業務効率化

業務にて管理されているお客様所有のデータに位置情報や不動産マーケット分析を付加

漠然としていたエリア戦略が一目瞭然になり、関連する業務全般の効率化が期待できます!業務改善や新たな事業に結びつくデータ資産の発掘にも繋がります!

システム連携で業務改善

統計解析やエリアマーケティング分析など、様々な分析によって得られた結果を業務システムにフィードバック

既存システムのフルリプレイスなど膨大な費用や手間をかけずに、課題やニーズに合わせた業務改善が可能になります!

FUNCTION

ANALYSTASの機能

CASE

導入事例のご紹介

Coming Soon…

不動産に関する業務のお悩みやご質問など
お気軽にご相談ください