catch-img

不動産エリアマーケティングを実践するポイント

エリアマーケティングは、主に出店戦略を練るために使われてきた手法です。不動産業界においても、競合他社より優位に立つために知っておきたいマーケティングであるといえます。さまざまなデータを組み合わせることで、土地をとりまく環境分析や将来の予測に役立てることも可能です。

この記事では、エリアマーケティングの目的や必要性、具体的な実施方法について解説します。


もくじ[非表示]

  1. 1.エリアマーケティングとは
  2. 2.エリアマーケティングの目的
  3. 3.エリアマーケティングの必要性と期待できる効果
  4. 4.エリアマーケティングのポイント
    1. 4.1.競合分析
    2. 4.2.エリア選択と集中アプローチ
  5. 5.エリアマーケティングを行う際の流れ
  6. 6.エリアマーケティングを効率的に行えるツール
  7. 7.まとめ


エリアマーケティングとは

エリアマーケティングは、対象エリアを分析してエリアに適したアプローチを行うマーケティング戦略のことです。さまざまな統計データからエリアの需要構造や競争環境を分析します。

不動産業界においては、分譲マンションや賃貸物件など不動産売買の戦略を立てるのに役立てられます。店舗出店時には、調達する不動産の立地を決める際にも活用できる手法です。また、自社と対象エリアのマッチングや収益と需要の予測、顧客分析にも活用できます。



エリアマーケティングの目的

データを元に不動産収益と需要を予測することが主な目的です。対象エリアの人口や人口比率などを把握することで、そのエリアの成長性を分析して明確なエリア戦略を立案できます。

分譲マンションや賃貸物件の場合、対象エリアの特性や産業、交通インフラ、住民の生活スタイルなどを分析して競争環境やニーズを把握します。店舗の場合も出店エリアの特性から収益性を分析して競争優位性を獲得するための事業戦略を立てます。



エリアマーケティングの必要性と期待できる効果

不動産業界における事業戦略を立てるには、数値的根拠を踏まえた予測が欠かせないため、エリアマーケティングが必要とされます。

エリアニーズや特性が把握できれば、不動産需要が分かります。これにより、実際にエリアで生活する明確なターゲット像に向けた企画を実施できます。

地域市場を把握することで対象エリアのトレンドに応じた効率的な営業活動が実現でき、費用対効果のよいプロモーション活動が実施可能です。



エリアマーケティングのポイント

ここからは、エリアマーケティングを実施する際のポイントについて解説します。


競合分析

取扱商品・サービスをはじめとした競合他社の特徴、強みや弱みを把握して戦略を策定することは重要なポイントの一つです。競合他社と自社の違いから差別化できる特徴を見い出してブランディングの醸成につなげます。


エリア選択と集中アプローチ

収益を見込めるエリアに集中してアプローチすることで、より大きな成果を期待できます。

収益が見込めない、あるいは自社のターゲット層とマッチしない住人が多いエリアについては優先度を下げることも必要です。これらの判断を正しく行うためにもエリアマーケティングを行うのが有効といえます。



エリアマーケティングを行う際の流れ

エリアマーケティングを実施する際は、6つのステップで進めてみましょう。


① 地域別の不動産に対するニーズを分析する

人口や世帯の流入出を分析してエリアに暮らす人々の不動産ニーズを把握します。


② 不動産購入の要因を探る

エリアのトレンドを理解します。不動産供給に関するデータを多角的に分析して、競合他社がどのような企画で物件を供給しているかを把握することも大切です。


③ 価格相場と収益力を確認する

新築分譲物件の面積帯別坪単価や利回りを分析して収益の予測を立てます。


④ エリアのブランド力を評価する

地価、所得水準、用途地域などから数値化できないブランド力を定量的に分析します。


⑤ エリアの需要や特性を分析する

人口に関するデータから将来的に不動産需要が伸びる予測が立てられるか否かを分析します。


⑥ データを統合して需給バランスを把握する

これまで分析したデータを組み合わせて土地のポテンシャルを判断します。



エリアマーケティングを効率的に行えるツール

不動産におけるエリアマーケティングとして活用できるのが株式会社タスの『ANALYSTAS(アナリスタ)』です。ANALYSTASは、統計解析を駆使した不動産分析のソリューションです。

弊社独自開発の不動産マーケット分析に加えて、商業統計などさまざまなデータとの組み合わせることも可能です。また、自社のデータに位置情報や不動産マーケット分析を付加することで、エリアマーケティングをより効率的に実施できます。



まとめ

不動産業において最重要項目といえるのが立地ですが、エリアマーケティングによって対象エリアに住むターゲット層を深く分析することで、より成果につながりやすい戦略を立てることができます。

なお、エリアマーケティングでは、多様なデータを網羅した分析を行って競合他社との差別化を図り、優位に立つことが大切です。

エリアマーケティングを効率的に行うためには、ツールの活用もおすすめです。不動産のエリアマーケティングの実施にツールを活用することを検討している場合は、不動産分析ソリューション『ANALYSTAS』を導入してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

不動産に関わる業務のお悩みやご質問など
お気軽にご相談ください